top of page

​瀧澤中

TAKIZAWA ATARU

_13N4230_edited.jpg

「歴史から学ぶ失敗とは」「人を動かす人望とはなにか」など、歴史に材をとりながら、現代に活かすという執筆を続けている。

 

2001年『政治のニュースが面白いほどわかる本』(中経出版)がベストセラーとなり、以後、時事解説を中心に言論活動をはじめる。また、2011年から日本経団連[21世紀政策研究所]日本政治プロジェクト・タスクフォース委員等歴任。

 

著作では『戦国大名失敗の研究』『江戸大名失敗の研究』『幕末大名失敗の研究』『大日本帝国失敗の研究』『戦国大名失敗の研究・群雄割拠篇』(PHP研究所)の「失敗の研究シリーズ」は19万部を超え、日本経済新聞の書評で「近現代の例と比較しながら面白く読ませる」と取り上げられた。

 

また『秋山兄弟 好古と真之』(朝日新聞出版)で明治期の人材育成を、『日本はなぜ日露戦争に勝てたのか』(KADOKAWA)では、教育や財政、外交など戦争の現場以外のユニークな視点から歴史をわかりやすく解説。

 

『人望力』『歴史失敗学講義』(致知出版社)ほか、著作は単著39冊。

 

そのほか「文藝春秋」「Oggi」「歴史読本」「日経おとなのOff」「PRESIDENTオンライン」等に執筆。経済団体、自衛隊、地方公共団体、企業、津川雅彦氏主催の勉強会で講師を務めるかたわら、オンラインセミナー、ラジオ出演など活動は多岐に亘る。

ご挨拶

bottom of page