中経出版 (2009)
1400円+税

ISBN-10: 4806134406
ISBN-13: 978-4806134404

最新 政治のニュースが
面白いほどわかる本

日本の政治は、いま大きな転換期を迎えています。
本書は、現代日本の政治の過去、現在、未来を知るうえでカギになる
3つのポイント、

● 1. 構造改革
● 2. 政権交代
● 3. 国際貢献

 を、イラスト付の対話形式でやさしく解説しています。
 むずかしい政治のニュースが、面白いほどわかるようになる一冊です。

目次

はじめに    
2060年のあなたへ-現代日本からのメッセージ


第1章    どうなった? 構造改革

第1節    なぜ「構造改革」は悪者にされているのか?

  • 不景気は構造改革のせい?

  • 非正規雇用問題は構造改革のせい?

  • 構造改革が規制緩和・自由化を進めたねらいは?

  • 小泉改革で日本の株価が上昇!?


第2節    結局「構造改革」は何をやったのか?

  • ことの始まりはバブル崩壊から

  • 不良債権の処理が必要だった理由

  • 不良債権処理という勇気ある選択

  • 労働人口が減っていく!?

  • 道路公団が民営化した理由

  • 郵政が民営化した理由


第3節    「構造改革」は進めるべき?やめるべき?

  • 結局のところ構造改革は進めるべき?

  • もし公共事業を減らしていなかったら

  • 郵便の数が半分になる!?

  • 改革は進んでいないのかも・・・

  • 世界中が相手のグローバリゼーション

  • 構造改革でグローバリゼーションに負けない国に

  • 国会のねじれ現象で、構造改革も前進せず

  • 「天然記念物のトキを焼き鳥にする」騒動

  • 定額給付金は構造改革の否定

☆column 壮絶だった「郵政選挙」 

 

第2章    どうなる?政権交代

第1節    どんな政権ができるのか?

  • 衆議院と参議院のねじれ現象

  • 自民党は改革政党じゃなくなっちゃった?

  • もし自民党が3分の2の議席を得たら?

  • 国民を無視した連立は絶対だめ!


第2節    二大政党制ってどんな制度?

  • どうして二大政党制になるのかな?

  • 比例代表は二大政党制の障害?

  • 政権交代すると政策はすべて変わる?

  • 政権交代すると政治はどう変わる?

  • 政権交代すれば本当に政治はよくなる?

  • 「お金配り」の政策は国民のため?


第3節    自民党と民主党は何がどう違うの?

  • 自民党と民主党、どっちも「幅の広い」政党?

  • 「米百俵の精神」って何?

  • 「田中角栄の時代」と「小泉純一郎の時代」

  • 自民党は「国民政党」?

  • 自民党は無党派層を失う?

  • 民主党はいろんな議員が集まる柔軟な政党?

  • 自民党も民主党も目指すのは「大きな政府」?

  • 財源を無視すればなんでも言える

  • 投票したい政治家や政党がなかったら?

  • 政治に注文するべきこと

 

第4節    これからの日本に必要な政治とは?

  • 政策には「どんな国にしたいか」が欠かせない!

  • 地方分権をしないと地方は救えない

  • グローバリゼーションの波に乗るために

  • 日本の「分度」を決められる政治家を選ぼう

  • よい政治家の条件とは?

☆column 年金、こうすればわかりやすい!? 

 

第3章    どうする?国際貢献

第1節    自衛隊はなぜソマリア沖に派遣されているのか?

  • なぜ日本の自衛隊が海賊と・・・?

  • 派遣される自衛官のための法律を!

  • 護衛艦に「ありがとう」の横断幕


第2節    日本にできる国際貢献とは?

  • のべ3万人以上の自衛官が、海外で活躍!

  • 「テロ特措法」ってどんな法律?

  • 国際貢献の「両輪」


第3節    テロと日本の国際貢献

  • アフガニスタンはいま、大変なことに

  • パキスタンの核兵器が、テロ組織の手に

  • 反米イランまで味方につけるオバマ戦略

  • アフガニスタンへの日本の協力は・・・

  • テロを許してはいけない理由

☆column 海上自衛隊・練習艦隊乗艦記 

 

用語解説    
あとがき    1960年のあなたへ

本書「はじめに 2060年のあなたへ-現代日本からのメッセージ」より 一部抜粋

私は国民に、提供せずに要請する。
国民の財布におもねらずに、その誇りに訴える」(加藤俊一訳)

いまからおよそ50年前の1960年。 ジョン・F・ケネディは、
大統領候補の指名受諾演説で、こう国民に語りかけました。

あれから50年。
私たち日本の政治は、国民に要請することをやめ、
提供することばかりを考え、
決して国民の誇りに訴えることなく、進んでいきそうです。

(中略)

でも、希望も持っています。

もしも、少しずつでも国や地方の借金が減って、人口減少に比例して、政府が小さくて効率的な存在になれば、日本はきっと甦える。
福祉や教育が、ムダな公共事業の代わりに充実してくれば、世界に羽ばたく人材を養成して、日本は確実に成長する。

世界中の人が、憧れて集まるような国。
世界中の人、モノ、金、情報が集まる国。
世界中の困っている人や国を、助けることのできる国。

きっと、日本はそんな国になっているのだと、思っています。
なぜなら、賢明で誠実な人が集えば、世の中は良くなるからです。
私たちはすでに、そのことを歴史から学んでいます。

(つづく)

Copyright 2019 Ataru T. of Teikoku-Linden Publishing company. All rights reserved. 無断転載はご遠慮ください。

 

  • Facebook Social Icon

FOLLOW ME